クラウド会計の概要

財務デューデリジェンスの意義と目的

財務デューデリジェンスは、M&A取引において、対象会社または事業の財務についてその状況、リスク、課題を検討する調査です。一般に対象会社の過去の一定期間における業績、財政状態並びにキャッシュフローの分析を通じて、当該M&A取引案件の評価や投資意思決定に資する情報の提供を目的とします。

 

主要な分析項目と手続き

財務デューデリジェンスにおける一般的な分析項目と検討手続は以下の通りです。

収益性分析
過去業績の推移、非経常的な要因を除去・調整による本来の収益性の把握(正常化分析)、事業計画との整合性

運転資本分析
運転資本の内容把握、資産性の検討、季節性等による増減要因、必要資金水準の把握

設備投資分析
過去の設備投資の内容、投資金額実績、将来計画の把握

純有利子負債分析
報告残高の把握、企業価値算定にあたり考慮しておくべき有利子負債に類似する項目の抽出

簿外債務、偶発債務
訴訟や保証債務等、貸借対照表に計上されていない潜在債務の把握、損失顕在化の可能性の洗い出し

 

経営意思決定への利用

上記手続により検出された項目は、投資意思決定の判断のために、以下の事項への反映を検討します。

  • 企業価値の算定、買収価格の決定

  • ディールストラクチャーの決定

  • 株式譲渡契約書への反映(価格調整方法、表明保証・補償によるリスク緩和)

  • 買収後の統合における課題(PMI)

渋谷区。相続税・資金調達・成長コンサルティングに強い経営会計事務所

〒 150-0011

         東京都渋谷区東1-2-23  MA東ビル7F

TEL   03-6427-3402